ガチじゃない

あと少し

メッチャ気が向いたので、機関銃手と装填手を仕上げてしまいます。

要するに勉強しないわけです。

あと装備品も少々。

まずは弾薬箱から。


f:id:Missingkiry:20190819120054j:plain


内側に弾帯がモールドされていてgoodです。

でも箱の裏は肉抜きされているんです。


f:id:Missingkiry:20190819120205j:plain


パテ埋めしようか悩みましたけど、プラ板貼って塞ぐことにしました。

高さが変わるのが怖いので、装填手との合いを確認して問題無ければプラ板で。

駄目そうならパテ埋めで。

結果プラ板で大丈夫そうなので、プラ板を貼ってしまいます。


f:id:Missingkiry:20190819120410j:plain
f:id:Missingkiry:20190819120430j:plain


装備品はこの弾薬箱と弾帯。

弾帯は金と黒の塗り分けとなります。


f:id:Missingkiry:20190819120534j:plain


この他にヘルメットを2個。

ヘルメットはフィールドグレイで塗りますが、下地としてダークアイアンを塗ります。

その上にフィールドグレイを少し雑に塗れば、塗装が剥げた感じを出せますよ。




フィギアの方も最終的なタッチアップをして終わり。

装備品も終わり。


f:id:Missingkiry:20190819120753j:plain


この後にトップコートを吹いてから墨入れをします。

肌はエナメルで塗装したので、そのまま墨入れするとマズイという判断です。

墨入れ塗料がエナメル系なんでね。

トップコートを乾かしている間に、ベースの手直しもします。

シーナリーが乾いてきたら、少し隙間が空いてきたんですね。

下地に地面的な色を塗っておけば、この手直し作業は回避出来るでしょう。

今回は手を抜いてサフのままなので、所々グレーが見えてきてしまっています。


f:id:Missingkiry:20190819121221j:plain


なんとなく白っぽく見えている所がそれです。




そうだ。

フィギアは襟章と肩章が必要だったのですが、今回はデカールを使わずに筆で引きました。

結構プルプルしたし手直しもした。


f:id:Missingkiry:20190819121405j:plain


デカールの有り難さが分かるね。

機関銃手と装填手もそろそろ終わりです。